読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ワインの畑で働いてわかったあんなことやこんなこと

 

意外と知られてないニュージーランドのひとつとして、

 

ワインの生産・消費が多いこと。

 

 

だからこんな寒い冬の時季でも、

一定の仕事はあったりするんです。

 

 

とくにニュージーランドの中で有名なのが、

ここブレナム(Blenheim)。

 

すごい朝は寒くて、

 

長靴履いた足先が凍えそうな勢い(>_<)

 

今年の7月の中旬から始めたこの仕事も、
もう半月くらいかなぁ〜。


正直言って、
この季節・時季のヴィンヤード(ワイン畑)の仕事は辛い 笑。

 

 

とにかく寒い。

 


雨でも仕事がある。

 


おすそ分けがない‼︎‼︎
(いままでのシーズナルジョブやと、キウイフルーツとか野菜をタダでゲットできてたから)

 


でも、
晴れたらめっちゃくちゃきれいな景色!!!!

f:id:Jtshohei:20160807085856j:image


きょうの気温で、
最高気温が9度。
最低気温がマイナス2度

 

これで雨☔️が降ったらもっと寒くなるから、

 

朝一番の作業は、

 

手がかじかんでほんとにはかどらない。

 

f:id:Jtshohei:20160807085938j:image


この時季だと、
ラッピング(wrapping)がメインの仕事。

 

スペアと呼ばれる枝と

 

ワイヤーに巻きつける枝を残した後、

 

他の大量の生い繁ってる枝を切って、

 

ワイヤーに巻きつけるだけ。


言葉だけやと説明は難しいし、
理解するだけなら簡単そうに聞こえるけど、
地味に作業は難しい。

f:id:Jtshohei:20160807090024j:image

 

スペアを残す位置(地面からの規定の高さ)も決められてるし、

巻きつけてる間に、
枝もポキポキ折ってしまう 笑。

きれいに枝を切るには、

握力も相当使う。

1日も働くと手もピクピクしちゃう……。

 

ぼくの場合は、
1週間後には普通の状態でも手がずっとシビれて、食べる時スプーン握るのもままならない感じでした 笑。

いまでこそ戻ってきたけど、

ちょっと不安になる程。

 

このシーズンで、
安定したしごとがあるのはすごいうれしいことなんですけどね〜。

しかも、
コントラクト出来高制)じゃなくて、
時給制やからスピード遅いぼくには大助かり 笑。

 

 

最大の癒しは、


ふとした瞬間にこんな光景に出会うこと!

f:id:Jtshohei:20160807090048j:image

大量のひつじたちの行進。

f:id:Jtshohei:20160807090058j:image
帰りしなの、
夕焼け空に染まる中で、
ちょっとホッコリ

 

でも、
ヴィンヤードで働くなら、
(働いたことないけど)夏場の方が絶対いい‼︎

 

多分……。