読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Wwoof生活回顧録〜緑に囲まれたモトゥエイカ・ネルソン編➁〜

日本の正反対の真冬の時季のニュージーランドも、

ここブレナムBlenheimでは

少しあったかくなりつつあります。

 

 

前回のアップした記事で、

初めてのWwoofの場所までたどり着いたところまで書きました。

今回は、
そこで働いたコトやら感じたコトを……。

f:id:Jtshohei:20160823072126j:image
この場所にはだいたい2週間くらい滞在しました。

もともと日本でも田舎出身やったけど、

もーのすごく田舎でした 笑。

f:id:Jtshohei:20160823072156j:image
たくさんの鶏たちと、
2頭の馬たちと、
2匹の犬と3匹の猫との生活でした。


仕事は、
ほんとにいろいろと……。

朝はニワトリのエサやりして、
たまにそのニワトリの卵と出会ったりして、

そのあとに馬のエサやりしてから、

その日のお仕事スタート。


1番大変やったのが、
下の写真の『道』の拡張作業!!!!

 

ひたすらスコップで掘って、

 

切り株とかを引っこ抜いたり、

 

掘った土砂を運んだり。

f:id:Jtshohei:20160823072229j:image
大きな木で多少は日差しが遮られてたものの、
暑かったぁ〜。

それよりもこたえたのが、

サンドフライ

 

 

サンドフライは蚊みたいに血を吸って、
蚊以上の痒さが……。

最初の頃は、
寝るときは痒くて痒くて寝られへんかったほど。


ニュージーランドでは、


海辺と山間部には割といるみたい。


市街地には少ないものの、
サンドフライ用の虫刺され薬は1つ、
薬局で買っといてもいいかも 笑。

 f:id:Jtshohei:20160823072259j:image

暖炉用の薪割りも、
ニュージーランドで初めて経験した仕事。

でも最後までコツがつかめず(>_<)

f:id:Jtshohei:20160823072334j:image
他には畑仕事と、家のお掃除。

 

畑で採れた新鮮な野菜もたくさん食べれたし、


ニワトリのあったかい卵も食べれたし、


自然豊かな空気で生活できて良かった!!!!

ちょっとヒッピー文化があったりするニュージーランド
ここのオーナーも多少……。


そういう新しい雰囲気にも出会えて良かった。

f:id:Jtshohei:20160823072435j:image

この時のオーナーは、
元ロンドンっ子のイギリス人。
ニュージーランドに移住して40年くらいって言うてたけど、
英語はネイティヴやから英語の勉強も手伝ってくれてた 笑。

 

最初のころは、
畑仕事の用具も全然知らへんかったから、
1つ1つ丁寧に教えてくれてたし、
プーさんの絵本を使って発音の勉強もしてくれた!!!


2週間の短い期間やったから、

劇的にぼくの英語力が伸びたわけじゃなかったけど、

今まで経験したコトなかった経験できて、

Wwoofやって良かったなぁ〜って思ってます!!!!

 

このあとも2ヶ月くらいは、

どっぷりとWwoof生活を満喫しました!!

その時のコトも後々アップしまーす!